情熱37度2分

模索中。。。

チームとしての研究室~如何に質問しやすい環境を作るか~

こんばんは。くえたのんです。

 

今日は「研究室」というものに関して思うところを書いていきます。

まずそれはどんなもんなんじゃい!?というところから始めますか。

 

僕が通っている大学の場合、1,2年生は座学が中心の生活です。

一般教養科目から始まり徐々に専門科目が増えてくるような感じ。

バイトやサークルに打ち込む人もこの時期は多いです。

ところがだんだん実験やら実習やらもやるようになると、レポート地獄へ突入し阿鼻叫喚のツイートがTLを賑わせるようになります(笑)

この地獄をなんやかんやで潜り抜け、ある程度の専門知識がついてくると遂に

研究室へ配属!!

なんだか偉くてすご~い教授が支配するその王国の魅力、それはやはり世界最先端の学術に触れ、自分の力で壁をほんのちょっぴりだけ押し広げる体験ができることでしょうか。実験中心の日々。各個人には居室のデスクが割り当てられ、実験の合間にそこで論文読んだりスライド作ったり雑談したりします。忙しさはホントに研究室によるので何とも言い難いですが、たいていの学生は目が疲れに淀んでいく印象です。この頃になるともう1年生のフレッシュさが眩しくて眩しくて...(涙)

なお文系の人の場合、毎日研究室へ通うとは限らず、週に何回か集まってゼミを行うだけだったりするそうです。カルチャーショックです。

 

さてそろそろ本題へ入りましょう。

僕は現在大学院生なんですが、少しずつ研究というものにも慣れてきてこの頃考えるんです、どうやったら研究室としての生産性を向上させていくことができるのか

同じ研究室内の学生同士であっても担当している研究テーマは人それぞれです。自分で勉強したり人に聞いたりして着実に研究を進めていく優秀な学生がいる一方で、なかなか上手く進めることのできない学生も沢山いるというのが実際です。四苦八苦しながらも卒業論文を書き上げて皆さん卒業していく訳ですが、僕の研究室の問題点として、研究の進捗があまりに個人の能力に依存している、ということを感じています。

研究が上手くいかないばかりにドロップアウトしてしまう学生がいることも考慮すると、研究室を1つのチームとみなし、個人の能力差をチームとしてカバーしていく必要性があるのではないでしょうか。

 

もちろんそういった取り組みが全く無い訳ではありません。

指導教員とディスカッションする時間はありますし、現状報告会で互いに進捗状況を共有することもしています。

ただ、これらの取り組みはインターバルがそこそこありますよね。今後の方向性を考え見直すという意味でとっっっっても大事なものですが、進捗を阻むものというのは、実はホントに些細なことの積み重ねだったりするんです。例えば、試料の作製手順でのちょっとした不手際、実験装置や計算ソフトの扱い方、論文中の専門用語の意味などなど。これらは先輩や先生方に聞けばすぐに解決する類のものであることが多いです。ところが、簡単なことであるがゆえに質問しずかったりするんですよね。みんな忙しそうだし、こんな事も知らんのかって思われたら....なんて考えて自分で調べようとし、だらだら時間を消費してしまいます。その中で得られる知識も大事ですけども!!

 

ということで?、個人の能力にあまり依存せず研究室としての生産性を向上させるために必要なのは、質問しやすい環境であると思っています。

次に、それをどのようにしたら構築できるのか考えてみましょう。

キーワードは心理的安全性」「質問機会」でしょうか。

まずは質問してもバカにされないという安心感や信頼関係の構築、すなわち心理的安全性の確保が必要となります。この考えは最近とても注目されてまして、以下のような記事が参考になるかと!

 

職場を崩壊させないために必要な「心理的安全性」を作り出す方法 - GIGAZINE

グーグルが突きとめた!社員の「生産性」を高める唯一の方法はこうだ(小林 雅一) | 現代ビジネス | 講談社(4/4)

心理的安全性の高いチームを作るための取り組み | Social Change!

 

このような環境構築の責任はリーダーである教授のみにかかるものではありません。メンバー全員で築いていくものであり、スタッフから学生へ、そして学生間でも先輩から後輩へと受け継がれていくべきものでしょう。学生同士で教え合い、自然と切磋琢磨していく環境ができたらいいですよね~。

 

心理的安全性と同じく重要なのが、質問できる機会をなるべくたくさん設けるということだと思っています。スタッフや先輩の方から「最近どうよ」と声をかけていくのはどうでしょう?また、現状報告会をやるにしても1ヶ月毎よりは2週間毎、あるいは毎週でもいいんじゃないかな。分報なんて試みもあります。

Slackで簡単に「日報」ならぬ「分報」をチームで実現する3ステップ〜Problemが10分で解決するチャットを作ろう | | Craftsman Software Inc.

そして注意しなければならないのは、こうしたコマメな現状報告会は成果報告会とは異なるということ。成果があるに越したことはありませんが、成果を出さねばというプレッシャーを与えすぎるのも問題です。各個人が何をやっているか、そして行き詰まっている課題は何なのかを共有する場として扱うことが肝心かと。

 

何かしらの失敗があった時に、個人の責任として処理するのでは無く、組織としての仕組みに問題を探すのは重要なことだと思います!!

あ~研究室行きたくね~。

 

「彼氏・彼女」という言葉に対するモヤモヤ

なんかさー、「彼氏」とか「彼女」って言葉をみんなよく使うけど、

それにモヤモヤ感じることってありませんか?

僕はですね、

彼氏→私の男

彼女→俺の女

という、交際相手をその人の”所有物”みたいに捉えてしまいそうな、言葉の雰囲気が腑に落ちない。別に皆さん、そんな事を意識して口にしている訳ではないでしょうけども。

 

もうちょっと対等で敬意を含んだ表現って無いだろうか?

ボーイフレンド、ガールフレンドは長ったるい。

ツレとか?んー、、ちょっとキザだな、、、

 

 

 

ディスカッションプラットホーム「Discuss JP」が面白そう!!!

お久しぶりです。くえたのんです。

 

この間見つけたWebサイトが面白そうなので紹介します!

その名も、、、、

Discuss JP

https://discuss.discussjp.com/

 

その理念は以下の引用を見てもらえれば分かるかと思います。

 

日本の課題を議論する。
政治家と市民をつなぐディスカッションプラットフォーム。
オープンソースの次世代ディスカッションプラットフォームとして有名なDiscourse4を使用。
Twitterのように情報がただ流れ去るのではなく、情報を蓄積し、検索可能にする。

"思想的論争にはむろん本来絶対的な結末はないけれども、日本の論争の多くはこれだけの問題は解明もしくは整理され、これから先の問題が残されているというけじめがいっこうはっきりしないままに立ち消えになってゆく。そこでずっと後になって、何かのきっかけで実質的に同じテーマについて論争が始まると、前の論争の到達点から出発しないで、すべてはそのたびごとにイロハから始まる。"("日本の思想" 丸山真男)

"日本の思想"で述べられているように、この日本の論争の"思惟の不経済"は、論理的蓄積を不得手とする日本の思想の構造的問題に起因する。しかしながらまた、この不経済は、議論のための適切なプラットフォームが用意されてこなかった事にも起因するのではないだろうか。

Discuss JPは、日本の課題を政治家と市民が共有、蓄積、及び検索可能にし、効率的かつシンプルで快適な議論を可能にするディスカッションプラットフォームです。

どなたでもご自由にご参加下さい。

 

ネットでの議論というのはこれまでも散々行われてきました。2chなどの掲示板や、サイトのコメント欄、このツイッターなどいろんな場所で。もちろんそれでもいいんですけど、これらのツールは本来議論することに注力したものではないですよね。議論をしてるうちに、論点がずれていったり、ただの煽り合いになったりと、話が進まなくなってしまうことが多い印象です。なので、ネット上で効率的に議論できるプラットフォームがあればいいなーとずっと思っていました。そして久しぶりに探してみたらこちらに行き着きついた、という次第です。

 

では早速、サイトの中身を覗いてみましょう。

こちらはサイトのトップページになります。

ユーザーは各自アカウントを作り、発言をしていきます。アカウントで発言が紐付けされるので、2chのように匿名で殴り合うような状態は、多少抑制されるのではないでしょうか。

トピックのカテゴリは、司法・教育・情報通信・防衛・厚生労働・文化・地方自治・科学技術などなど。

f:id:quetanon:20170423231601j:plain

 

 

気になるトピックを選択すると、皆の発言を見ることができます。

コメントに「いいね」したり、引用したり、返信するのも簡単!

 

f:id:quetanon:20170423232800j:plain

 

返信の際はこのような画面へ入力します。

Markdownや画像が簡単に使えるのもGOOD!

f:id:quetanon:20170423233448j:plain

 

僕からの紹介はこんなもんにしておきます。

美しいUIで効率的に議論ができる素晴らしいサイトなんですが、今のところユーザー数が圧倒的に少ない。。。(涙)

いろんな人と話し合ってみたいな~

 

 

 

 

 

女性の生理について勉強してみた

こんばんは。

今日の晩御飯はネギ鍋のくえたのんです。

お久しぶりの記事となりますね。

 

僕は普段からTEDをちょこちょこ見ているんですが、今日見た講演は女性の生理にまつわるお話でした。

タイトルは ”The good news about PMS"

PMSとは月経前症候群(premestrual syndrome)のことです。動画はこちら!!q(._. )

www.ted.com

 

せっかく動画を引用してきたので、その内容についてもおおざっぱにまとめておきましょう。

PMSとは月経時に感情が不安定になる精神疾患のこと

・アメリカでは多くの女性がPMSに悩んでいるという認識が広まっている

・症状が広範なため長年定義すらあいまいだった

  →調査方法がまちまちとなり明確な有病率がわからず

・診断のガイドラインが制定され、PMSは月経前不快気分障害PMDDとして再定義された

PMDDと診断されたのはたったの3~8%に過ぎない

・精神的な乱れは生理よりも他の要因による場合が多い

PMS神話の問題点

  -不安定な感情をなんでもかんでも生理のせいにしてしまう怖れ

  -女性が感情的だというステレオタイプの一因となり、女性の社会進出を阻んでいる

一番言いたいのは、「女性はそんなに感情的な生き物じゃねーぞ!!」ってことかな。

 

この講演を聞いてたら、そういえば僕は女性の生理についてまだよく理解していないなーと思いました。たぶん曖昧な人ってのはたくさんいるんじゃないでしょうか。男性は体験することができない上、生理は話題にしにくいですから。中・高で勉強はしたはずですが、テスト後には例のごとくきれいさっぱり脳みそから掃除されてしまっているので、今回改めて仕入れ直してみようと思い立った次第です。

 

ちなにに初期段階での僕の理解はこんな感じです。

女性の生理は月1程度の頻度でおこり、お腹が痛くなったり、精神的に不安定になったりする。けっこう出血するらしく、生理が原因で女性は男性よりも多めに鉄分をとる必要がある。あの秘密のポーチにはおそらく出血を受け止めるための生理用品が入っている。人によって痛みの程度はさまざまである。

以上。

 

学んだことを逐一書いてもいいのですが、詳しい説明は他の人の記事の方が分かりやすいと思うので、ここでは僕が調べていてへぇ~と感じたことをピックアップして書き並べていきます。男性はこんなことも知らないのかという参考になるかもしれませんね。とほほ

 

・月経とは子宮内膜(受精卵を受け止めるためのベット)を排出するメカニズム

・子宮口はストローぐらい狭いので3~7日ほどの数日間にかけて流血が続く

・生理痛は子宮の収縮や子宮内膜が子宮口をうまく抜け出せないことが原因

・下腹部の痛み以外にも、腰痛や偏頭痛、めまい、吐き気など症状は多様

セロトニンという神経伝達物質(ホルモン)が減少し、倦怠感やイライラが増す

・体を温めて血行をよくすると痛みが軽減される

・ピルによって女性ホルモンを取り入れ、生理時期をずらすことができる

・初潮~閉経まで約40年続く

・オリモノとは、子宮頚部や膣からの分泌物とそこらへんの古い細胞が混ざった分泌物

 

とりあえずこんなところかな。

女性の生理はタブー視されている風潮があるので、話題に上がることもなかなか無く、男性の理解が進んでいないという状況でしょうか。まあ昔よりは浸透してきましたが。

男性側としては別に理解したくない訳ではないので、そのような情報にもっと接する機会があれば広まるような気がします。例えば、生理用品のCMでぼかした表現を使うんじゃなくて、はっきりと説明しちゃう!みたいなさ。

 

誤った認識がありましたら、ご指摘いただきたいです。

 

生理痛への配慮ができる男性に俺はなる!!

f:id:quetanon:20161022195136p:plain

 

 

 

 

 

願えば叶う!?死ぬまでにやりたいことリスト100を作ってみた

こんばんは。

お腹が減りました。。。くえたのんです。

 

今回はちょっと前に流行ってた、”死ぬまでにやりたいことリスト”を作ってみましたよ。(まだ流行ってる?)

100個書きだすのは思ったよりも大変です。けど、書いてるうちに将来のビジョンが明確になってきて、もやもやしていた気持ちがすっきりしました。

やりたいことリストというよりは野望リストみたいになってしまいましたが、ご参考になったら嬉しいです。

では一気にいってみましょーーー!!

 

1.いろんな国を放浪して写真とる
2.外国に3年以上住む
3.外国人の友人を10人以上持つ
4.英語で支障なく会話できるようになる
5.NatureとSienceに論文を掲載する
6.オーロラ見る
7.Webサービスを開発する
8.小説を書く
9.マンガを描く
10.作曲してアルバムを出す
11.10年に一回でもいいから会って、友人とのつながりを大切にする
12.毎日「ありがとう」と言う
13.ピアノを自在に弾けるようになる
14.ギターを極める
15.彼女をつくる
16.35歳までに結婚する
17.子供を3人以上育てる
18.子供の成長をフォトアルバムとして残す
19.年に1回は旅行にいく
20.いろんなアーティストとコラボする
21.誰もが参加したくなるオーディション番組を作り、優れた人材を発掘する
22.政策の立案に携わる
23.1000万円以上の寄付をする
24.たまにはボランティアする
25.話上手になる
26.たまには泣く
27.複数の収入源をもつ(できれば海外にも)
28.後輩に慕われる上司となる
29.冷蔵庫にある食材でパパッとおいしい料理を作れるようになる
30.料理のレパートリー100種越え
31.手作り弁当生活
32.マイホームを建てる
33.庭で子供の記念樹を育てる
34.家庭菜園で食費を浮かす
35.イクメンする
36.カラオケ大会で優勝する
37.単独ライブで500人以上集客する
38.仕事と趣味を両立させる
39.ぐーたらする時間も大切にする
40.サラウンドスピーカーを導入
41.自分の研究室をもつ
42.自分の名前を学問に残す
43.夫婦円満
44.怒るべきときにちゃんと怒る
45.富士山の頂上から朝日を拝む
46.オフ会なるものに参加する
47.ひ孫を可愛がる
48.家族に看取られて安らかに死ぬ
49.三食ちゃんと食べる
50.定期的に筋トレする
51.ホノルルマラソンで完走する
52.クロールとバタフライが出来るようになる
53.月に一冊以上、小説を読む
54.自分の専門分野で権威になる
55.再生医療で視力を回復
56.禿散らかさない
57.孫とキャッチボール
58.低料金のゲストハウスを運営する
59.海釣りして漁師飯を食べる
60.これでもかとウニが乗ったウニ丼を食べる
61.毎日楽器を練習する
62.好きな作家さん、漫画家さんと会って話する
63.養子を育てる
64.かっこいい父親になる
65.誰に対しても平等に接する
66.自分の遺骨をアクセサリーにする
67.犬を飼う
68.体重60kg越え
69.ブログを10年以上続ける
70.専門書を出版する
71.フォロワー 1 万人越え
72.どーでもいいギネス記録を所有する
73.漫才
74.将棋うまくなる
75.TEDに出演
76.生き生きとしたおじいちゃんになる
77.空を自由に飛ぶ
78.地中海でバカンス
79.自分でデザインした時計をつける
80.ネタコスプレ
81.コミケに参加する
82.貧困で困ってる海外の子供に経済援助する
83.エベレストに登る
84.グレードバリアリーフで潜る
85.極上の寝具を揃える
86.しかし、たまにはハンモックで寝る
87.むだに広い書斎をもつ
88.宇宙人と友達になる
89.誰かの夢を叶える
90.不労所得が月20万以上
91.他人の人生を追体験する
92.ハンター×ハンターベルセルクとワンピースの最終話を読む
93.ウユニ塩湖を見にいく
94.声が大きくなる
95.自分で小屋を建てる
96.オリンピックを生で観戦
97.スーパーの近くに住む
98.世界史に詳しくなる
99.静かなところで暮らす
100.少しでも多くの人に人生を満喫してもらう

 

この中の何個の願いが叶うのか、楽しみがまた増えました。

ではでは!!

人生を豊かにするもの、それはずばり ”想像力” だ!!

どーもこんばんは。

先月は試験勉強で忙しくブログをさぼっておりました、「くえたのん」です。

今回は想像力の大切さについて僕なりに語ってみようかと思います。

 

突然ですが、、、

「人生を豊かにするものってなんだと思う??」と尋ねられたら、あなたなら何と答えますか?

金、恋人、家族、仕事、音楽、絵画、映画、写真、アニメ、学問・・・・・

いろんな答えが挙がってくるでしょう。

そして僕ならこう答えます。「想像力。」とね。(一度はこんな風にカッコつけてみたかった)

何故でしょうか・・・想像してみてください笑

 

僕らの人生は大小無数の選択が積み重なってでできていますよね。

ベットから起き上がるか、もう少しいける!とまた二度寝するのか、という毎朝の選択。

すれ違う知人に対して、声を掛けるか、気づかなかったかのように黙って通りすぎるのか、という選択。

どのチャンネルにしようかなー、というTV番組の選択。

それはもうたくさんあります。まあ、こうゆう小さな選択はその場の感情で決めてしまうかもしれません。

 

ではもう少し大きな選択ではどうでしょうか。

友人に誘われたイベントについていくか、断るか、という選択。

その日の仕事をどれから片付けていくか、という選択。

選択の影響力が大きくなるにつれ、それぞれの選択肢を選んだときの自分の姿を想像することだろうと思います。

 

ではさらに大きな選択だったら?

進路の選択や、交際・結婚相手の選択、家の購入など、時折ですが人生を大きく左右する選択に直面することがありますよね。それぞれの選択肢であなたは想像力を働かせ、どれがベストなのか必死に考えることでしょう。

 

もちろん、選択した結果が想像したとおりにいくことなんて、そうそうありません。

それはしょうがない。ここで大事なのは、選択には想像がつきものだということ。ひいては、想像力の豊かさは判断力に直結するということです。

選んだ結果がベストであったとは限らない。しかし、より具体的に想像するほどに、より後悔しない選択肢を選べる可能性が上がるのです。

 

しかもそれだけではありません。想像力は選択肢も広げてくれます

例えば、ある高校生が自分の進路について悩んでいるとします。第一志望のA大学へ出願するか、それともリスクを鑑みて第二志望のB大学へ出願するか。

本人にとっては二者択一の問題であるかもしれませんが、実は選択肢というのは気づかないだけでいくらでもその辺に転がっているものです。

C大学やD大学には、この人が知らなかった魅力があるかもしれない。

A大学にはAO入試などの別の入学手段があるかもしれない。

B大学が偏差値的にA大学に劣っていたとしても、ある学部・学科はA大学を凌ぐかもしれない。

他の可能性を想像することで、新たな選択肢を発見することができるのです。

 

また似たような話ではありますが、僕らって日常の中でよく不便だなーって思うことありますよね。

そういう時も、「こんなのがあったら便利なのに」と想像することできれば、案外ググってみると想像したような「便利なもの」を発見できます。僕はこの感じでよくWebサービスやアプリを見つけて、1人ほくそ笑んでます。

なかったらなかったで、それは新たな創造のチャンスですよ!!笑

 

あとついでに、想像力と思いやりの関係についても触れておこうかと思います。

思いやりっていうのは、すなわち相手の気持ちを想像してあげることですよね。

「私がこう言ったら、相手はどんな気持ちになるだろう」

「こんなことされたら、傷ついてしまうかな」という具合に。

ACジャパンのCMと言いたいことは同じなんですが、想像力を育むってことは、そのまま他人を思いやる心を育むことなんです。だから、世のお父さんお母さんには、子供に絵本をたくさん読み聞かせてあげてほしいし、子供にたくさん尋ねてあげてほしい。「その人はどんな風に思うかな?」って。

 

最後に、僕が気に入っている喜劇王チャップリンの名言を紹介して終わりにします。

人生に必要なものは、勇気と想像力、それとほんのちょっぴりのお金だ(チャールズ・チャップリン

f:id:quetanon:20160816224842p:plain画像はWikipediaより引用

 

【提案あり】ネット投票を早く実現させたい!!

こんばんは。

ささみの筋の取り方を覚えました「くえたのん」です。

 

参院選を迎えて、選挙カーや街頭演説が騒々しくなってきましたね。

選挙の度に思うんですが、投票に行くのが面倒くさい。。。

日本の投票率が低い原因には、政治に関心を持つ人が減っていることなどもありますが、投票の面倒くささも大きな一因です。

わざわざ1票入れるためだけに、貴重な時間を割いて、投票会場にまで赴かなけばならない。人によっては、投票に費やす労力がその1票の価値に吊り合わないと感じてしまう。だから投票に行かない。政治にも関心が持てない。

人間、面倒なことはなるべくやりたくないものなのです。

 

ということで、投票率を上げるためにも、ネット投票を早く実現させましょう!!

いつでも、どこでも、スマホやパソコンで投票することができたらどんなに楽になることか!

 

不正投票やセキュリティの問題は、数兆円にもおよぶ電子決済が世に広まっている今、技術次第でなんとかなるものと思っています。

投票の秘密(誰がどこに投票したのか)をいかに守るかという課題も、議論していく中で答えが見つかればいいですね。

その点に関して僕から一案があります。それは「ネット投票の時期を直接投票の前に設けて、そのネット投票期間の中では投票先を何度でも変えられるようにする。そして、ネット投票の期間が終わったら、最後の投票チャンスとして直接投票を行う(ここでもネットでの投票先から変更できる)」というものです。

ネットが扱えない高齢者のためにも、どうせすぐには直接投票は廃止できません。

これならネット投票の便利さを享受しつつ、投票を強要されたとしても保険として既存の直接投票の仕組みも利用できそう。

 

現状、問題は山積していますが、議論を積み重ねれば十分実現可能であると僕は考えています。この小さな記事が、誰かの考えるきっかけになったら嬉しいものです。